2023年1月13日 定例会

最高気温10度(3月並)の盛岡。
今年最初のCAP岩手の定例会でした。
いつものようなスタッフの笑顔があってホットしました。
花粉症らしき症状で参加を遠慮した人がおひとり。
今年もコロナ禍ですからね~。

話題は各人の年末年始の様子と「令和2年度不登校児童生徒の実態調査」の結果。
教師の体罰問題と友達からのいやがらせやいじめ問題、加えて学校に行きたくないという「感覚」で身体に不調をきたしていることも見落とせない問題です。
岩手県教委が策定中の平成30年の生徒の自死事案の再発防止「岩手モデル」への期待は大きく、その実効性は県民の関心・まなざしにもかかっているということ。
私達も岩手県の子どもたちのために体罰防止!いじめ防止!と、今まで以上に声を上げていきましょう!
という熱気でした~。

雪が少ない盛岡市内の写真を撮って自宅に戻ると、

下ノ橋と中津川

NYタイムズ「ことし行くべき旅行先」の1位がロンドンで2位が盛岡市という報道が・・・
人ごみを避けて歩いて観光できる珠玉の街だそうです。
そう言えば、盛岡城跡公園で観光客らしき外国人グループとすれ違いました。
盛岡市民の人権を意識したおもてなしが発揮できるといいですね!
そのために、日頃からの地域の人権尊重の構築に期待したいところです。(髙橋)


カテゴリー: 活動報告 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です