平成30年度「岩手県子ども虐待防止フォーラム」

11月6日盛岡市のアイーナで「子ども虐待防止」の会に参加しました。講演「地域で防ぐ子ども虐待」の講師川松亮氏は、現在横浜市にある子どもの虹情報研修 センター研究部長をされており、以前は児童養護施設や児童相談所に勤務された経験から、児童虐待の実態・特性・留意点にふれ「寄り添い型の支援 を地域密着で途切れ目なく」「つなげる・つながる・チームによる支援」の重要性を述べ「社会全体で、新しい「おせっかい」を創り出していきたい」とまとめられました。

事例報告は①子育て支援センターの役割:両川いずみ氏(いわて子育てネット)②学校における子ども虐待への対応について:砂田麻子氏(スクールソーシャルワーカー)③発達障がい者支援センターにおける児童虐待への関わり:長葭康紀氏(岩手県発達障がい者支援センター)の3件がありました。すべての子ども達が身を置く“学校”が、福祉的支援を持ち子どもと保護者・地域に繋がることを期待したと思います。“子どもの最善の利益”のため「安心・自信・自由」を子どもに届けるCAPの重要性 を再認識したフォーラムでした。                                                  (木村泰雄)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

児童虐待防止キャンペーン

毎年実施される盛岡広域振興局のオレンジリボンキャンペーンに今年もCAP岩手の会員スタッフと参加しました。CAP岩手の賛助会員さんも参加してくださいました。

イオンモール盛岡南店のお客様にオレンジリボンが入ったティッシュとDV防止のチラシを配りました。わんこきょうだいのとふっちは家族連れの人気を集めていました。

CAP岩手のみんなは、女性・子どもへの暴力防止を願いながら心を込めて声掛けをしていました。なんと心強いことか・・・とシャッターを切りました。(高橋)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

10月27日~28日 気仙沼へ

遠くに赤や黄色が目立ちはじめた里山をドライブし、宮城県気仙沼にやって来ました。海沿いには新しい建物が並び、小高い丘の上の学園で子どもワークショップを2日間行い、小学46年生の12人が参加しました。

初めは緊張ぎみか控えめでしたが、劇の友達役には希望者が殺到しました。子ども達は楽しみながら、権利について「それがないと生きるのに困るもの」を学びました。

以前キャップを受けた子もいて率先して「安心、自信、自由」のポーズをつけていました。

トークタイムにも「○○ちゃんと話したい!」とスタッフを指名して感想を伝えたり復習したり和やかに過ごしました。盛岡からは遠いけど、これからも子ども達に会えればいいなーと思いました。(山口)

 

2日間泊りがけで気仙沼の旭が丘学園に伺って、小学生と中学生のワークを届けて来ました。実は旭が丘学園は、私が若い頃、保母としてお世話になったところで、県が違うのでまさか自分がこうやって行く事になるなんて思いもしませんでした。ほんと夢の様~!

懐かしい急な坂道を車の中でワーワー言いながら登って行って、思い出いっぱいの建物に到着。懐かしさいっぱいに包まれながら、ワークは始まりました。

小学生と中学生のワークを同じ日にするのは初めてで、頭の中がちょっと混乱気味!少し台詞が怪しくなったりして、後から「野球の4番バッター」を「サッカーの4番バッター」と間違えた事を知りました。気付いた子もいたそうですが、スルーしてくれた様で、その優しさに嬉しくなりました。色々な表情で参加してくれた子ども達!「どうぞこれからの人生で、今回のCAPが役に立ちます様に!」と願いながら、無事に2日間、午前午後と終了する事ができました。

職員の方から、嬉しい感想をたくさんいただき、元気をもらって懐かしい学園を後にしました。港に行って船の前で記念写真を撮って盛岡へ!すると帰りの山道で、なんとカモシカにバッタリ遭遇!最後こんな貴重なおまけもいただいて、無事に盛岡に到着しました。皆さんと色々なご縁に感謝の2日間でした。(まゆ)

 

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

第7回 定例会

今年度も早いもので後半へと突入です。9月の活動報告と予定されている12月までのワークショップの役割確認や、外部会議・イベントへの参加などについて話し合いました。

毎月の定例会にて、それぞれのスタッフの感想や意見を共有できることで、安心して活動に取り組むことができます。会員担当委員が参加できない会員には会議記録を送って情報共有を図っています。

 

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

9/11 イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン

前潟イオンにて、CAP岩手のボックスへのレシート投函お願いに、

14:00~15:00の1時間、ボックス周辺で呼びかけ活動をしてきました。

火曜市ということもあり、大勢の買い物客で賑わう中、

たくさんの方々にご協力いただきました。

ありがとうございました。

昨年度は18,900円分の事務用品を購入することができました。

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

ニュースレターNO.30 発行

年2回、ニュースレターでCAP岩手の支援者の方々に活動報告をしています。

CAP岩手のワークショップ参加者で、情報希望提供者として記名をしてくださった方にも、1年間をめどにお送りしています。

       目次 ~ CONTENTS ~                                                                 CAPプログラム実施報告・・・・・・・・・P2                                                                        CAP子どもワークショップ                                                                                                                 ~ 城山保育園 「保育園便り」より ~・・・ P3                                                                   Opinion                                                                                                                                                        ~ 児童虐待防止にCAPの活用を ~・・・・  P4                                                                 Member紹介・・・・・・・・・・・・・・ P5                                                                           お知らせ&お願い・・・・・・・・・・・・P6

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

8月31日 ~9月2日 和光学園 子どもワークショップ

就学前プログラムを子どもたちに届けて来ました。

初日は、スタッフの名札をたどたどしく読む子もいて、興味津々で迎えてくれました。劇でシャベルを取り上げられる場面では「いやだ!」と言うのを友達に助けてもらい「安心、自信、自由」のけんりを取られないようにします。友達役にたくさんの子どもたちが希望してくれました。

2日目の人形劇では、人形を触りに来るのではないかと心配していましたが、子ども達は約  束を守り劇に集中することが出来ました。知らない人との距離のとり方の練習で習ったばかりの「特別な叫び声」で叫びながら逃げる子もいて感心しました。

3日目の劇の「いやなさわられかたをした時はどうすれ良いかと、大人に相談する」を見て「あんしん、じしん、じゆう」と言いながら楽しそうにポーズをとっていました。

子ども達は明るく活発で、今後の成長が楽しみです。(山口)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

8月3日 城山保育園 教職員ワークショップ

いつもは車で伺う城山保育園に、今回はIGRいわて銀河鉄道で向かいました。さんさ踊りで賑わう盛岡駅、17時4分に乗車していわて沼宮内駅まで33分。昼間の暑さからは想像できなかった涼しい風の岩手町で、22名の先生方に参加いただきました。

仕事でお疲れではないかと思われる時間でしたが、新任の先生方とベテランの先生方が一同に耳を傾けてくださり、CAP岩手のアンケートには丁寧に感想も書いてくださいました。

城山保育園さんとの長年のお付き合いからは、CAP岩手への応援のお気持ちも感じさせていただいています。             (髙橋)

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

7月20日、24日みちのくみどり学園ティーンズ

7月20日、24日の二日間、みちのくみどり学園の中学生&高校生のみなさまにCAPワークショップを届けに行ってきました。
みちのくみどり学園には、継続してお招きいただいておりますので、「もう何度もCAP受けてるよ!」という子どもたちもたくさんいました。
私が今回参加してくれた子どもたちに前回会ったのは4年前。
みんな小学生でした!みんな、成長していてびっくりしました。会場からは、「あんしん、じしん、じゆう、でしょ、 知ってるよ!」という声も。
CAPでは、未就学児、小学生、中高生と3つのプログラムを用意していております。1つだけでも効果がありますが、繰り返し、学年に合ったプログラムを受けられるとさらに効果的なのでは、と感じております。
すべての子どもたちが、自分と他の人の「権利」を尊重できるおとなに成長してくれることを願っています。     田端
カテゴリー: 活動報告 | コメントする

7月13日 青雲荘 施設職員ワークショップ

青雲荘さんに施設職員ワークショップでうかがいました。
CAPのワークショップは初体験の方から3度目という方まで、
熱心に参加していただきました。

ワークショップで語られるサクセスストーリーなどのエピソードはその時々で違っても、 ワークショップ内容の根幹は変わることはありません。しかし、聞く側の状況や心持ちによって響く言葉や場面がワークショップのたびごとに違う、ということは、何度となくワークショップスタッフとして参加している私自身が感じていることです。

初めて参加された方にとって、CAPが頼りになるツールとなりますように、何度目かの参加となった方々にも何かしら新しい気づきがありますようにと願っています。

(ツキ)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする