1/19 公開学習会

1/19(土) アイーナ団体活動室1にて、公開学習会を開催しました。

11/30~12/1に開催された「日本子ども虐待防止学会 第24回学術集会おかやま大会」に参加したCAP岩手/髙橋による参加報告並びに意見交換会です。

 

2時間という限られた時間の中での報告、質疑応答ではありましたが、内容に興味をもたれた一般の方の参加もいただき、うれしく思いました。

これからも、機会ある毎、たくさんの方々と情報共有していきたいと思っております。

(ツキ)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

今年もよろしくお願いいたします。

2019年の最初の定例会前、いつもの会場、もりおか女性センター生活アトリエにて、お弁当とスイーツを準備して新年会をしました。

CAP以外でも忙しいみなさんが、近況や抱負などをおしゃべりしながらの会食は楽しく、今年の活動へのパワーをいただきました。

今年もいろいろな方々との出会いや再会を楽しみにしながら、活動維持のためのご支援もお願いしてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

CAP岩手  代表 髙橋寿美子

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

児童養護施設 青雲荘にて ~その2

12月8日(土)・9日(日)に行われたティーンズプログラム(男子)に続き、                      12月15日(土)・16日(日)実施のティーンズプログラム(女子)のため、                           再び青雲荘さんにうかがいました。

どんな子たちが待っているかしら?と少しドキドキする中でワークショップが始まりましたが、ふたを開けてみれば真剣に話に聞き入る子どもたちが、いろいろな意見を言ってくれたり、劇に参加してくれたり…と、二日間とても楽しい時間を過ごしました。

この二日間が、子どもたちの心に刻まれ、これからの人生の助けとなることを、帰路、 流星の余韻残る夜空に願いました。

掲載の写真は、前ブログに登場した「施設長さんの手作りコート掛けと靴脱ぎ台」(ほとんど職人技!)と、小学生プログラムにも参加したことのある子が、  ワークショップ終了後、ホワイトボードにさらさらと書いてくれたイラストです。

 

 

 

 

 

ティーンズプログラムでは、「安心・自信・自由」は「文字」のみで「イラスト」は使いませんが、小学生で参加したワークショップでのイラストを覚えていてくれたことに大感激しました!

(ツキ)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

イオン黄色いレシートキャンペーン店頭活動

お天気に恵まれ、師走と人気の火曜市とクリスマスムードと重なり大勢のお客様で賑わってる11時から12時までの1時間 黄色いレシートの協力をお願いして参りました。

CAP岩手の他に2組の団体様と一緒でしたので、お客様に負けないボリューム感でBGMもかき消される程の賑やかなキャンペーンとなりました。

 

どこの団体様も協力をお願いする気持ちと台所事情は同じと連帯感を感じ、レシートをボックスに入れて下さった方々に感謝です。

協力して下さいました皆様ありがとうございました。  (方山)


カテゴリー: 活動報告 | コメントする

児童養護施設 青雲荘にて

   128日(土)・9(日)子どもワークショップ(中・高生男子)で青雲荘へ伺いました。

 私自身、かなり久しぶりのスッタフとしての参加・初めてのティーンズ(中高生)プログラムということでドキドキでいっぱいでした。そんな中、子ども達は真剣に聞いてくれ、参加してくれました。プログラムを受け止め、自分と対話し、自分のきもちと向きあっている様子があり感動しました。そして、自分の言葉や行動で表現してくれることのありがたさ・かけがえのなさを深く感じてきました。そして、言葉にならなくとも真剣なまなざしというのは(心と心が繋がり)目の前の事を共有し合えていると感じるものだと知りました。

 あらためてCAPに参加させてもらい、プログラムは良く用意されていると感じました。それは、知らなかったことを知ることで出る疑問や不安にも応えている所です。安心の中で参加できる配慮がたくさんあることも改めてわかりました。

 職員の方々の姿に触れ「熱いハートとクールな頭」を持ち、日々子どもたちと向きあわれていることを感じました。

 玄関では、施設長さんの手作りコート掛けや靴脱ぎ台に迎えられ、クリスマスツリにも迎えられあたたかい気持ちになりました。

 

 本当にありがとうございました。  (こじま)

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

日本子ども虐待防止学会第24回学術集会おかやま大会 「想いをつむぐ」

日本子ども虐待防止学会(JaSPCAN)の学術大会へ参加するために、まだ美しい紅葉が残っている倉敷に行ってきました。

1日目の「特別講演」、国連子どもの権利委員会委員の大谷美紀子さん(弁護士)の子どもが暴力を受けずに成長することが世界平和につながり、2030年までに子どもに対するあらゆる暴力を撤廃するという国連の明確な目標に向けたあらゆる関係者の協働を日本においても始めたいという力強いお言葉に、CAPを続ける意義を改めて感じさせていただきました。

2日目はタイムスケジュールとにらめっこし、60を超えるシンポジウムから、子どもの性虐待を中心テーマに4つを選び受講しました。

大会受付時に偶然西澤哲先生とお隣になり、久しぶりのご挨拶ができたり、昔の知り合いにばったりが何度も・・・遠方の開催で参加を迷いましたが、思い切ってでかけて良かったと思いました。CAP岩手の学習会で報告予定です。学習会でもいろいろな方にお会いできそうな予感がしています。      (髙橋)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

CAPつながるカフェ

11月27日(火)  1o時30分~12時30分

つながる台所Hana(https://www.facebook.com/tsunagarudaidokoroHANA/)さんにご協力いただき、森田ゆりさんの著書「しつけと体罰」を参考にした学習会をしました。

CAP岩手のスタッフと20代~60代と思われる方々10名が、それぞれに好きな飲み物を飲みながら、車座になって話をしました。安心できる場所・時間でしたという感想を読んで、初めての企画で少し緊張していた進行役の私も安心しました。CAPのワークショップに参加したことのある方、初めましての方がたとも、それぞれのつながりを感じることができました。学習会後のランチ、Hana膳も美味しくいただきました。(高橋)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

2018年度 東北ブロック会議

11月25日(月)、東北ブロックトレーニングリーダーの呼びかけで、東北6県からCAPスペシャリストが仙台に集まりました。

各地の活動の様子を報告し、グループをシャッフルしてロールプレイ(役割劇)の練習をしました。

盛岡の早朝、寒さに震えながら出かけた仙台市福祉プラザの和室大広間は、CAPスペシャリストの熱気で汗をかくほど暑くなっていました。

10時~16時までの会議はあっと言う間で、また来年の会議を約束して解散しました。

(髙橋)

 

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

N活フェア2018(秋)  パネル展示参加

今年もアイーナ6階ラウンジにて、11/22(木)~11/29(木)CAP岩手の活動をご紹介する

パネルを展示しております。

11月は「児童虐待防止推進月間」児童虐待に関心をお寄せいただくとともに、

お近くにお越しの際は是非足をお運びいただければ、と思います。(ツキ)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

イベント(11/27)のお知らせ

森田ゆりさんの著書「しつけと体罰」を参考にして、みなさんとお話させていただきます。どのような気持ちや考えも尊重します。対等・尊重のCAPの雰囲気を感じていただければと思います。会場はフローリングで絵本やおもちゃもあります。


カテゴリー: 活動報告 | コメントする