CAPおとなのための学習会

12日(日) 晴れて強風の中、スタッフの車で会場に到着。

「ふれあいランド岩手」はテニスをする方々や庭での催しものなど、屋外も屋内も賑わっているようでした。

ふれあいホールにて、CAPおとなのための学習会 ~子どもの安心のために おとなができること~(主催:子どもの居場所ネットワークいわて)無事終了しました。

会場参加者とZOOM参加者の両方にパワーポイントで対応しました。

安心して暮らすことは、子どもの心と体の発達のためにとても重要です。

参加者は学校以外の場所に子ども達の居場所を作り、地域のおとなや子どもに寄り添っていらっしゃる方がたのようでした。

オンラインでは子どもワークショップの模擬はできませんが、子どもワークショップの様子や子どもでもできるセルフディフェンス、特別な叫び声も紹介しました。

主催の担当者さんから、「説得力がありますね」と言っていただき安心しました。

日頃、子ども達に関わってくださっている方がたには頭が下がる思いでいっぱいです。

少しでもCAPがお役に立てば嬉しく思います。 (髙橋)

通常の「おとなワークショップ」では、子どもワークショップ」で見せているロールプレイ(役割劇)もお見せしていますので、ご依頼をお待ちしています!

お問い合わせは info@cap-iwate .org まで。

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

6月10日(金) 定例会

いつもの近況報告、活動報告に加えて、

12日(日)「CAPおとなのための学習会」の準備で、当日の流れの確認、資料の印刷、ZOOM対応の「子どもでもできるセルフディフェンス」の録画をしました。

 

初めての試みで緊張しますが、楽しみにしてくださっている方がたに「子どもの安心のためにおとなができること」をしっかりお伝えしたいと思います。

子どもの心と体の発達には「安心できる環境で暮らすこと」が何より重要ですね。

我が子だけではなく、我が子の友達や地域の子どもにも目を向けてみましょう。

この3人で担当します。コロナ禍前の写真ですが・・・アップしちゃいます。

12日はマスク姿です!  (髙橋)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

子どもの居場所づくり大作戦

6月12日 講演のご依頼をいただきました。

「CAPおとなワークショップ」の内容をCAP岩手のオンラインバージョンでお届けします。

DSC_2379

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

2022年度総会終了

5月15日(日)の午後より、もりおか女性センター/生活アトリエにて

2022年度の総会を開催いたしました。

会員4名、賛助会員2名参加のもと、前年度の活動報告ならびに決算報告、今年度の活動計画案ならびに収支予算案について説明させていただき、いずれも承認・可決されました。コロナ禍での活動は本当に予測しづらく、活動計画案策定も箇条書きにしてみればシンプルなものですが、そこに至るまでは相当に思案を重ねました。

今の自分たちに出来ることは何か、やりたいことは何かの方向性が定まったことで、あとは実行あるのみ!…と言いつつも、あまり肩ひじ張らずにしなやかに活動していきたいと、思い新たにした一日でした。

議事録作成し郵送準備が出来次第、会員・賛助会員のみなさまのお手元にも総会資料をお届けいたします。ぜひご一読いただき、引き続きのご支援をお願いしたいと思います。

 (ツキ)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

今年度初めてのワークショップ

5月9日(月)金ヶ崎町中央生涯教育センター主催で「CAPおとなワークショップ」を実施しました。お天気に恵まれ、田植えの済んだ田んぼの景色からエネルギーをもらっているようでした。

参加者は子どもたちの放課後を見守る地域のみなさんです。感染対策で参加者に近づき過ぎないように、参加者同士の交流も控えめにした実施でしたが、CAPプログラムを選んでいただけたことに嬉しさ全開で楽しく実施させていただきました。

 

 

 

 

しばらくは、地域の感染状況やスタッフの体調などを気にしながらの実施になると思いますが、地域の子どもを地域のおとなが守るためのCAPのメッセージを広く県内に届けたいという思いが改めて強くなりました。

 

帰り際、電車時間を気にしながら会場ホールに展示されていたオリンピックトーチ前で記念撮影しました。50年前のトーチ展示もありましたし、大きなモザイク画も。観光資料もいただき、今度はゆっくりしたいなあと思いました。

(髙橋)

 

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

会計監査とワークショップ打ち合わせ

花散らしの雨降る5月1日(日)、久しぶりのアイーナ団体活動室にて、2021年度会計監査を受けました。

悪いことをしていないのにドキドキするのは何故でしょう…が、無事にハンコを押していただきホッ!

前年度を振り返るよい機会となり、監査後は「さあ、新年度スタート!」と気持ちも改まりました。

5月15日(日)開催予定の総会に向けて、資料作りも着々です。

その後、来週に予定されているワークショップの打ち合わせとロールプレイの練習をしました。

新年度早々にワークショップの依頼をいただけたことはうれしく、どんな方々とお会いできるか今から楽しみです。

(ツキ)

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン商品引き換え

花冷えの4月15日、イオンモール盛岡(前潟)に「幸せの黄色いレシートキャンペーン」の商品引き換えに行ってきました。

イオンに向かう道すがら、雫石川沿いの木々の芽吹きや、桜の花の咲き具合を眺めるのも楽しみです。

コピー用紙やプリンターインク、封筒など、CAP岩手の一年間の事務用品はほぼこれらで賄うことができ、とてもありがたいです。ここで事務用品を揃えることが恒例となり、新年度のスタートを実感します。

スタートと言えば!賛助会員のみなさまには、もうすぐ総会のご案内をお届けします!コロナ感染者は高止まりの状況のようですが、出来ることを、できるだけいつも通りにすすめていきたいと思っています。

(ツキ)

 

4月18日 高松の池 周辺

                                           

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

2022年度 第1回定例会開催

4月8日(金)今年度最初の定例会を持ちました。

近況報告は、暮らしの失敗談を笑いで吹き飛ばす時間になっています。

もちろんマスク姿で間隔をとって!

個々の不安も不満も、話して聴いてもらって活動の活力に変えます。

そして、来月の総会に向けて、運営委員提案の活動計画について話し合いました。

今年度もコロナ禍で計画には悩みますが、

新しい会員の発案で昨年「CAPを知っていますか?」のチラシを作成しました。

1998年から活動していてもまだまだ県内で知られていないということですので、初心に返って、CAPプログラムを子ども支援の研修に使っていただけるようにご案内したいと思います。

虐待防止、いじめ防止、誘拐防止、性被害防止に向けて、暴力についての知見を共有し、専門職はもちろん、地域のおとなでもできることがあります。

地域ぐるみで子どもたちを守りましょう!

18年前にCAP子どもワークショップを小学5年生に実施していた頃の懐かしい話にもなりました。今は孫のお世話や介護に忙しいスタッフも、当時は小学生の親でした。

当時の小学生は現在29歳になり、子育て世代になっているのですね~。

CAPおとなワークショップで再会できたら・・・この上なく嬉しい!

コロナ禍でも感染対策しながら、CAPプログラムを実施したいと改めて思いました。

3年ぶりに盛岡城跡公園で桜祭りが開催されます。もうすぐ開花です!(髙橋)

 

 

 

 

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

第14回運営会開催

3月25日(金)今年度最後の運営会を持ちました。

年度末だけに、会計〆作業の打ち合わせが主な内容でしたが、厳しい決算の見通しとなりました。

コロナ禍によりワークショップの依頼が減ったこと、助成金が事務局運営には使えないこと、など理由はいろいろと思われますが、今年度は今年度として一区切りつけ、来年度どのように活動していったらいいかじっくり考えていきたいと思います。

それでも、よくやったな~と仲間と自分を褒めるのは甘やかし過ぎでしょうか(笑)

残念は話題ばかりではなく、うれしいこともありました。長年の酷使?に耐えてきた、ワークショップで使用するボードを、会員さんからの寄付で17年ぶりに新しく作ったのですヽ(^o^)丿さあ、あとはワークショップの依頼を待つばかり!!

ピカピカのボードを初めて使うのは何処になるのかな~以前使っていたボードのイラストとは決定的に違う箇所もあり、気づいてくれるかな~と、今から楽しみです♪

コロナ禍の収束が見通せない不安な日々が続きますが、出来ることを見つけて一つずつやっていくことを糧として安心に変え、

マスク無しで語り合える日を待ちたいと思います。

春はそこまで来ています!

(ツキ)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

3月7日(月)第12回定例会

雪が残る街中の「プラザおでって」にて、今年度最後の定例会を開催しました。

プラザおでって5Fより

ニュースレターNO.37の発送作業もしました。

 

 

 

 

コロナ感染拡大、戦争勃発の中、身近な笑える出来事の近況報告で、不安な気持ちは軽減できました。

プラザおでって

ニュースレターは賛助会員さんへの活動報告が目的ですが、 情報提供希望者にもお送りしています。                                    ご希望の方は事務局 info@cap-iwate.org   まで                       ご連絡ください。

今号には学校以外の子ども集団を対象に実施する「気持ちのワークショップ」のリーフレット(複写版)を折り込みました。コロナ禍のこくみん共済coop地域貢献助成事業、「児童養護施設と学童クラブで過ごす子ども達に自尊感情を高める教育プログラムの継続実施を図る事業」(CAP岩手)の活動成果につ      いても報告をしました。

プラザおでって向かい    岩手銀行赤レンガ館

次回は新年度、雪は消えているかな・・・

コロナは収まっているかな・・・

戦争は一刻も早く終わりますように!

(髙橋)

 

 

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントする