一関藤の園 子どもワークショップ

11/6(土)、7(日)の両日、一関藤の園の3年生と4~6年生の子ども達にワークショップを届けました!

今回のワークショップではCAP岩手のスタッフの都合がつかず、仙台市のCAP歩歩さんからおひとり応援にかけつけていただきました。

初対面の他グループの方であっても、「CAPプログラムは全国共通」を実感する安心とワクワク感の中でワークショップが出来たことは、良い経験となりました。

 

久しぶりの子どもワークショップに、緊張のあまり口から心臓が飛び出しそうでしたが、終わってみればとても楽しい二日間でした。

過去に参加してくれた子は、その時の話をよく覚えていて発言したくてうずうず…      元気に手を挙げて指名を猛烈アピール!

興味なさそうなそぶりの子がポツリと質問に答えてくれたり…  どの子もその子なりの参加のしかたで安心・自信・自由を受け取ってくれたのかな、と。

トークタイムに来てくれた子に「また来年も会いたいね」と言われた時は、「わーうれしい!本当だねー会えるといいねー」と力いっぱい答えてしまいました。疲れも吹き飛ぶ最強の一言だったかも。

一ノ関駅から園までは藤の園の先生に送迎していただきましたが、園に続くいつもの坂道が工事中で、迂回路となった「蘭梅山いこいの森」の晩秋の佇まいがとても美しく、思いがけずご褒美をいただいたような気持ちになりました。

(ツキ)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

11/2(火) 奥州市広報

11/23(火・祝)開催の公開セミナーに向けて、奥州市に広報に行ってきました。

2021 CAP岩手 公開セミナーチラシ

明け方の盛岡は雨模様、大気の状態不安定で雷注意報も出ていましたが、奥州市に着く頃は予報に反して秋晴れの好天となっていました。同行の晴れ女さんのパワーがここまでとは!怖い…

奥州市役所(水沢城跡)

個人的には今まであまりご縁がなかった奥州市に興味津々、車窓からの街並みを楽しみつつ医師会、市役所、教職員組合などを回りました。

お忙しい中、お時間とってお話を聞いてくださった各所の皆様に感謝いたします。

これを機会に、奥州市でもCAPに関心を持ってくださる方が増えるといいなと思っております。

立派な姥杉にパワーをいただき、色づく木々に癒された奥州市広報でした。

(ツキ)

 

※CAP岩手よりお知らせ・・ホームページ担当者が不在となってから、お天気情報欄に不備が生じています。新しいホームページを制作予定ですが、しばらくはこのままをお許しください。

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

10月16日(土)第7回定例会開催

前回定例会から半月あまりしか経っていませんでしたが、ワークショップのご依頼あり、公開セミナーの計画あり等々、相談事もいろいろありましたので、早めの開催となりました。

世の中ではZoomとやらがスタンダードとなりつつあるようで…その波には到底乗り切れないものの、CAP岩手でも前回運営会をZoomにて行ってみました。

ほほぉ~こういう感じなのね…と、背景が気になってみたり、逆に服装に気をつかうこともなく?会場までの足や天候を気にせずに済むなどの利点もある等、やはり実際に体験してみないとわからないものです。

その利便性に納得しつつも、会するからこその空気感や表情、タイムラグのない会話はやはりいいものだな、と。

「人と人との接触を断ち切ろうとするコロナ。私たちはそれに心まで遮断されてはいけないと思います」最近見たテレビ番組の中での言葉ですが、こんな心棒を持ち続けたいと思いました。

土曜の午後ということもあってか、定例会に向かう道すがらのカフェ駐車場は満車、老舗ラーメン屋さんではあいにくの天候にもかかわらず店の外にも行列ができていました。少しずつ日常生活が戻りつつあるのでしょうか?

それでも引き続きご油断なく!ご安全に!

(ツキ)

※CAP岩手よりお知らせ・・ホームページ担当者が不在となってから、お天気情報欄に不備が生じています。新しいホームページを制作予定ですが、しばらくはこのままをお許しください。

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

9月28日(火)定例会

8月12日からの岩手緊急事態宣言が9月16日に解除されましたので、

9月の定例会をしました。

Yさんちの産直も復活です( ◠‿◠ )

家庭菜園のお野菜いろいろ

 

 

 

 

いつもの近況報告後、

運営委員より助成申請、CAP東北ブロック会議参加などの活動報告をしました。

公開ワークショップ、県NPO活動フェスティバルで活動紹介の展示実施など、今後の活動企画について話し合いました。

今年はワークショップ依頼がないかと思われ・・・という会議中にワークショップのご依頼電話がありました~。よかった!よかった!

うろこ雲と夕日

帰り道で見上げた空はうろこ雲。

4日ぶりに岩手県の感染者はゼロでした。

(髙橋)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

ニュースレターNo.36発行

明治橋より北上川と岩手山

8月12日に達増知事より岩手緊急事態宣言がありました。宣言に伴いCAP岩手が活動拠点にしているもりおか女性センターも閉館となりました。

予定していた定例会は中止とし、印刷室が使えないため、ニュースレターの発行も延期かと思われました。

一人印刷を条件に印刷室の使用は認めていただきました。

発送にはもう少しお時間をいただきます。よろしくお願いいたします。(髙橋)

※CAP岩手よりお知らせ・・ホームページ担当者が不在となってから、お天気情報欄に不備が生じています。新しいホームページを制作予定ですが、しばらくはこのままをお許しください。

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

8月4日(水)定例会

熱中症警戒アラートに加えて竜巻注意報がでている青空を見上げながら、CAP岩手の定例会に出かけました。

7月の児童養護施設職員ワークショップの報告と今後の活動について話し合いました。

児童養護施設では19名の参加者の熱いまなざしを受け、改めてCAPプログラムの良さを体感してきました。

もりおか女性センター 生活アトリエにて

コロナ禍で「CAPに期待できる社会的役割」が思うように伝わっていないもどかしさも痛感し、「CAPを知っていますか?」という活動紹介と「賛助会員募集」のチラシを作成しました。このチラシを使って県内広報に精を出すことにいたします。(髙橋)

 

 

※CAP岩手よりお知らせ・・ホームページ担当者が不在となってから、お天気情報欄に不備が生じています。新しいホームページを制作予定ですが、しばらくはこのままをお許しください。

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

7月14日(水)一関藤の園/施設職員ワークショップ

一関藤の園さんにお声がけいただき、久しぶりのワークショップに行ってきました。

往路電車ではドキドキ7割、ワクワク3割!?の心持ちでしたが、園に到着、いつも笑顔で迎えてくださる職員さんに再会し、安堵するとともにうれしくなってしまいました。会場確認し、参加者の皆さんを迎える頃にはワクワク8割に!

 

感染対策を講じてのワークショップは制約もあり、
“いつものワークショップ”というわけにはいきませんが、
“今出来ること”をやりきった感があり、ワークを楽しみました。

参加者のみなさんは、ワークショップの中に、子ども達との日常に活かせる何かを見つけていただけたでしょうか。

コロナ禍は、なかなか収束の出口見えませんが、状況が落ち着いたら、ぜひ子どもワークを!!

(ツキ)

 

※CAP岩手よりお知らせ・・ホームページ担当者が不在となってから、お天気情報欄に不備が生じています。新しいホームページを制作予定ですが、しばらくはこのままをお許しください。

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

7月定例会

12日(月)、各地の豪雨被害に心を痛めながら、盛岡の雨予報も気にしながら集まりました。

始まる前の恒例の近況報告は、コロナ禍の話が多くなりますが、暮らしの知恵や思わぬ出来事などの情報交換もできる大切な時間です。

今年度最初で久しぶりの提供ワークショップは、児童養護施設職員さん対象の初任者研修になりました。

ワークショップで、 ロールプレイやセルフディフェンスをご覧いただきますので、
動きの確認もしました。

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

6月定例会

17日、もりおか女性センター 生活アトリエにて、今年度の活動の相談をしました。

ワクチン接種やオリンピック・パラリンピックが終わってからの状況をみながら考えることも多く、結論は出せませんでした。それでも意見を出し合って考えることが大切であると思います。またまた自撮りしちゃいました。(髙橋)

 

CAP岩手の昨年の「おとなワークショップ」はパワーポイントでも実施しました。

伝えたいのは「あなたは大切な人です!」生まれながらに等しく大切な人であること。

おとしめられていないか・・・暴力を受けていないのか・・・気が付いてほしい!

信頼できる人を見つけて、あきらめずに相談してほしい!

 

※CAP岩手よりお知らせ・・ホームページ担当者が不在となってから、お天気情報欄に不備が生じています。新しいホームページを制作予定ですが、しばらくはこのままをお許しください。

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

5月31日(月) 発送作業

今日は、もりおか女性センター/交流コーナーにて、賛助会員さんとサポーターの皆さんに総会資料と議事録の発送作業を行いました。

到着しましたら、ご一読いただければと思います。

封をしてから、昨年秋、岩手日報に掲載されたCAP岩手の記事を同封し忘れたことに気づくなどのおっちょこちょいもありましたが、何とか作業を終えました。

同封しそびれた記事は、またの機会にお送りできればと思っています。

おかげさまで、今回も寄付切手にて送付させていただくことができました。本当に助かっています。

コロナ禍での活動は先が見通せずもどかしい思いをしていますが、このような状況下でも出来ることを探してチャレンジしていこうと思いつつ今年度のスタートをきっております。(ツキ)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする