2019年度 みちのく・みどり学園 CAP施設職員ワークショップ

 

今年も呼んでいただきました。

初任の職員さんを中心に実習生も交えて実施しました。

夕方、お馴染みの場所でのワークショップでした。                      フレッシュであたたかい眼差しを感じながら、CAPがお伝えしたいことをしっかり            お届けしてきました

終了後、職員さんが話してくださった卒園生との心温まるお話も印象に残りました。

9月から年齢に合わせて、順次子どもワークショップが始まります。子ども達との再会も楽しみにしています。

(髙橋)

 

 

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

今日も猛暑の盛岡にて

スコーレ学童クラブの2年生31名と一緒に気持ちについて考えました。

初めて会った子どもたちでしたが、いつもとかわらない様子で参加してくれたようで楽しかったです。

それぞれの子どもが自分の気持ちを考えている様子や気持ちの絵を描いている姿に、子どもの内なる力を感じました。

うれしいとき、かなしいとき、おこっているとき、ふあん、しんぱい、こわいとき・・・いろいろな気持ちの時があるけれど、その時々の気持ちを話して聴いてもらって、幸せな日々でありますように!と願いました。

(髙橋)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

気持ちのワークショップ(子ども)

8/1(木)は1~3年生、2(金)は4~6年生の仁王学童育成クラブの子どもたちに「気持ちのワークショップ」を届けました。

夏休み真っ只中、お祭り真っ只中、猛暑真っ只中…子どもたちとのやり取りを楽しみました!

「気持ちの言葉集め」は、グループごとに相談して気持ちの言葉を出し合います。

ポンポン言葉が飛び出す子、じっと考えている子、様々でしたが、発表では黒板いっぱいに気持ちの言葉が並びました。

手話を交えての短い劇を見せますが、スタッフが劇を見せた後、みんなの前に出てきて再び劇をやってくれた子もいました。

気持ちを聞いてもらえない寂しさや面白くない気持ち、気持ちをわかってもらえた時の嬉しさを感じてくれたでしょうか?

本当にいろいろな気持ちがあって、感じ方は人それぞれで…だからこそ「言葉」で気持ちを伝えるということ。今日みんなで一生懸命考えて、黒板いっぱいに書き出された「気持ちの言葉」を使って!

そして、話を聞く時は、今日の劇を思い出してくれるといいな~と思いました。

会場設営やワークショップを見守ってくださった指導員のみなさま、ありがとうございました。

(ツキ)

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

7月22日気持ちのワークショップ

スコーレ学童クラブの指導員さんを対象に「気持ちのワークショップ」を行いました。

和気あいあいとした雰囲気の中、グループごとに“気持ちの言葉集め”をしていただいたり、絵本を見ていただいたりして、子どものワークショップの体験をしていただきました。

“聴き方”を経験する場面では色々感じていただけたようでした。このワークが少しでもお役に立つと嬉しいなぁと思いました。

終わってから、皆さんで参考図書を手に取って語り合っていらっしゃる姿がとても印象的で、CAP岩手のニュースレターも全員にもらっていただいたりして、指導員の皆さんの真剣さが伝わってきました。

8月予定されている子どもワーク、どんな感じになるか、とても楽しみです。

まゆ

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

7月16日 気持ちのワークショップ

盛岡 仁王学童育成クラブの指導員さんを対象にした

【気持ちのワークショップ】を行いました。

暑い中でしたが 皆さんと沢山お話しながら和やかな雰囲気の中 ワークショップは進める事が出来ました。

その中での「気持ちの言葉集め」…

大人になるとアレコレ考えてしまって 言葉を集める事が難しくなっていくんですよね。

不思議です σ(^_^;)

来月には 学童クラブに通う子ども達に 【気持ちのワークショップ】を届けて来ます。

子ども達の素直な気持ちに触れられる事

今から楽しみです(^-^)

〔みずほ〕

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

7月17日(水) 一関藤の園/施設職員ワークショップ

今年も、一関藤の園の職員のみなさまにワークショップをお届けしました。

新任職員さんを中心に、実習に訪れていた皆さんの参加もあり、熱心に話に耳を傾けていただきました。

実習生のみなさんにはどんな内容がひびいたかな?とか、職員のみなさんはお仕事に重ね合わせて思い巡らす場面があったかな?など想像しながら、参加者みなさんの様子を拝見しました。

参加者皆さんを勇気づけ、そっと背中を押し得るワークショップであったらいいな、と思いました。

9月に予定されている子どもワークショップでの再訪も楽しみにしております!

(ツキ)

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

7月12日 花巻へ

梅雨らしいお天気の中、スタッフと二人でCAP岩手の活動の情報提供に行ってまいりました。

CAP岩手の賛助会費の一部で企画している絵本プレゼント、今回は花巻清風支援学校に「あなたが守る あなたの心・あなたのからだ」「気持ちの本」をお届けしました。

石鳥谷にある花巻市 教育委員会や地域振興課にも寄って、CAPプログラムの活用のご案内もしました。

そして、新築との情報があった児童養護施設清光学園にもおじゃましました。

 

突然の訪問にも、歓迎してくださった支援学校、養護施設のみなさま、ありがとうございました。
おかげさまで、雨にもかかわらず楽しい一日となりました。
またお目にかかれることを楽しみにしております。(髙橋)

 

 

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

愛着に課題のある子どもへの支援

6月28日(金) 仙台にて、一般社団法人ATTI Japanのセミナーに参加しました。
https://www.atti-japan.com

厚生労働省子ども家庭局 総務課長 長田浩志氏より、
~家庭養育優先原則に基づく社会的養育の推進を中心に~と題して、子どもの権利擁護に関する取組の現状と展望についての説明がありました。

ヘネシー澄子氏からは家庭養育優先原則の脳科学的根拠・脳の発達についてのお話がありました。そして、愛知県の児童福祉士よろずやさんより、赤ちゃん養子縁組の実践報告がありました。

昼食休憩をはさんで、
郡山の星総合病院児童精神科医の本間博彰氏より乳幼児のメンタルヘルスについての講義がありました。幼い時期のトラウマについては、子どもの話を聴く大切さ、幼児の遊びは語りであって一緒に遊ぶことは傾聴にもなること、子どものかい離症状や感覚鈍麻を見落とさないことなど、事例を交えたお話は大変参考になりました。

そして、29日、30日の テリー・リヴィー心理学博士の研修に向けての説明、愛着に課題のある子どもの子育ての鍵となる「親と子ども双方の癒し」の報道ビデオを観ました。

28日のみの参加でしたが、愛着に問題のある子どもの感情をコミュニティのおとなが理解をして地域の子どもたちを支援できるように、「CAPおとなワークショップ」における虐待防止やエンパワメントの説明にいっそう力を込めたいと思いました。(髙橋)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

城山保育園 プレワークショップ!

6/24(月)~26(水) 城山保育園にて、前週のおとなワークショップに引き続き、年長さんのクラスにプレワークショップを届けました。

今年はどんな子どもたちに会えるかしら?と、毎年楽しみにうかがっていますが、子どもたちのキラキラした瞳と真剣に聞き入る表情に、「どうかこの子たちに“安心 自信 自由”がしっかりと根づき、大きな木となって葉を繁らせることができますように」と願いました。

梅雨とは思えない爽やかなお天気に恵まれ、道中の車窓から栗や空木、やまぼうしの花を眺めた影響でしょうか…そんなことを思った三日間のワークショップでした。

毎年、笑顔で迎えてくださる先生方にも癒されました。感謝いたします!

(ツキ)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする

ツバメが飛んだ日

6月21日(金)

岩手町城山保育園に到着して車を降り、「ツバメじゃない!」とのスタッフの声で青空の鳥を目で追いました。するとスタッフが保育園の軒下にツバメの巣を発見!

毎年、年長さんの保育参観日のお昼寝時間にCAP保護者ワークショップを実施します。CAPが初めての保護者さんは4名のみ、多くの方々は復習の時間となりましたが、うなずきながら聞き入ってくださったみなさんの様子が印象的でした。

お昼寝の子どもたちとツバメ・・・幸せな気分になり盛岡に戻りました。
来週の子どもワークショップも楽しみです。(髙橋)

カテゴリー: 活動報告 | コメントする